自分の中の誰かが言いました。

人生って何だろな〜って日々考えてます。

「最強」のなり方

この前、見に行ったお寺に荘厳な鐘が。

 

f:id:satoru0301:20171118004740j:image

 

 

さて、

 

 

夜中のメモ程度に徒然と…書いていきます

 

 

最強になる。

 

 

どーやって?

 

 

 

そんなことをぼんやりと考えていました。

 

 

大人はよく言う。

 

 

「経験があるから」と。

 

 

 

知識はやったらやったぶん

つくと思います。

 

間違った方法で学んだりしなければ

 

エビングハウス忘却曲線などを

参考にしていけば効率的です。

 

 

でも経験はどうでしょう?

 

 

何十年も長く生きてる大人には

流石に劣りますよね

 

 

じゃあ少しでも差を詰めるのに

どうしたらいいのか?

 

 

 

【行動量を爆上げする】

 

 

 

ことかなーーと僕は思います。

 

 

簡単なことで言えば

 

同じ店に行かず

常に新しいお店で食事する。とか

 

注文したことのないものを

優先的に頼む

 

やったことのない仕事をやってみる。

 

 

などなど

 

いつもと同じことを選択するのは楽です。

 

しかし、楽をしても成長しないことが

多かったりします。

 

なので、多少大変でも

やったことがないことを積極的にやったり

してみると必然的にたくさんの世界を見ることになり、普通の数倍のスピードで

 

「経験」を詰めるのではないかなー?と

思います。

 

あとは「知識」を圧倒的に

取り入れましょう。

 

 

「知識」と「経験」の両輪を

高速回転させて

 

自己価値の爆上げです。

 

 

そして最強になりましょう。

 

 

知っていることは武器だと思って

いますから。

 

 

では、おやすみなさい。

 

ご冗談でしょう、ファインマンさん

 

最近はこの

 

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」を

読んでいます。

 

f:id:satoru0301:20171113172714j:image

 

 

読んでいて色々と思ったことがあるのですが

 

例えば43ページの

 

 

 

✴︎ファインマンがMITの学生だった頃の話

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あるとき製図のクラスで1人の学生が雲形定規

(波形の定規で曲線を引くときに用いる定規)

 を取り上げて

 

「この曲線に何か特別な公式でもあるのかな?」 と言った。

 

僕は、ちょっと考えてから

 

「むろんだよ。その曲線は特別な曲線なんだから。そらこの通り」と雲形定規をとりあげてゆっくり回し始めた。

 

「雲形定規ってやつはどんなふうに回しても各曲線の最低点では、接線が水平になるようにできてるんだよ。」

 

こうなるとクラスの連中が1人残らず自分の

定規をいろいろな角度に持ち、この一番低い点に鉛筆を当てて回し始めた。

 

そして確かに接線が水平だということにはじめて気がついたのである。

 

みんなこの「発見」に沸き立ったが

誰もがとっくにかなり進んだところまで

微積分をやっていて、

 

「どんな曲線についても、極小点(最低点)での導関数(接線)は0(つまり水平)である」

ということは知り抜いているはずなのだ。

 

 

 

 

 ただそれを実際に当てはめて

みることが出来なかっただけだ。

 

 

 

 

言うなれば自分の知っていることすら

知らなかったということになる。

 

 

 

 

これはいったいどうしたことなのだろう?

 

 

 

 

人は皆物事を「本当に理解する」ことによって学ばず、たとえば丸暗記のようなほかの方法で学んでいるのだろうか?

 

これでは知識など、すぐ

吹っ飛んでしまうこわれ物みたいな

ものではないか。

 

 

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 ファインマンはこのように述べています。

 

 このような話は

他にもいくつか登場しますが

 

 

例えば

 

学校で習ったことや本で学んだことなど

 

現実に応用出来ている人は

どれくらい、いるのでしょうか?

 

ファインマンの言う

 

 

言うなれば自分の知っていることすら
知らなかったということになる。

 

 

こういった状態の人はあまり珍しくなく

 

 

むしろ

法則や定理を、リアルな生活に昇華し

実践的に使えている人というのは

かなり少ないのではないでしょうか。

 

 

 

逆にリアルな生活に

こういった学習内容を応用出来たら

かなり毎日は楽しいのではないかと。

 

 

リアルに応用することにより

理解もさらに深まっていきます。

 

 

 ではなぜリアルに当てはめて

考えていくことが出来ないのでしょうか?

 

ファインマンは作中で

 

『ひよわな知識』

 

と呼んでいます。

 

 

ノートの上で方程式が解けたとしても

 

実際にその方程式が

何を求めているのか

 

公式などを暗記して

問題の答えは出せても

 

その答えは本質的に何を表しているのか

を理解できていないということなのだろうかと。

 

 

実際に、生活の中で

方程式を解かなければ

 

お湯が沸かせないとか

食料が買えないとか

 

 

そんなことはまず無いだろうと思います。

 

 

つまり

 

 

 

 

別にリアルに昇華できなくとも困らないからひよわな知識はひよわなまま、だと思っています。

 

 

つまり意識的に自分から

好奇心を持って

 

 

能動的に、リアルへ応用しよう

とかこの機械の仕組みはなんだろう?

 

などと思考するクセを

つけて訓練しなければ

 

 

 

ひよわな知識はひよわなままで忘却されていく

 

 

脳には可塑性がありますので

使わなければ使わないほど

サビついていくと思っています。

 

 

日常のなかであらゆる疑問を

思考し答えを出す。

 

消化し、リアルに昇華していく。

 

 

 毎日の思考訓練によって

ファインマンのように、強固な

知識をつけていくことが出来るのでは無いでしょうか。

 

 

僕も毎日その日に疑問をもったことを

消化不良にせずに

 

きっちり調べあげるということを

やっています。

 

 

これからも、地道に走り続けます。

 

では、また書きます♪

 

読んでいただきありがとうございました。

 

世界の中の用意された椅子に坐ると

 

 

おはようございます。

 

 

今から少し勉強して

出社してきます。

 

 

 

谷川俊太郎さんの詩をひとつ

ここに残していくことにします。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

(世界の中の用意された椅子に坐ると)

 

f:id:satoru0301:20171017082611j:image 

 

 

 

世界の中の用意された椅子に坐ると

 

急に私がいなくなる

 

私は大声をあげる

 

すると言葉だけが生き残る

 

 

 

神が天に朝の絵具をぶちまけた

 

天の色を真似ようとすると

 

絵も人も死んでしまう

 

樹だけが天に向かってたくましい

 

 

 

私は祭りの中で証しようとする

 

私が歌い続けていると

 

幸せが私の背丈を計りにくる

 

 

私は時間の本を読む

 

全てが書いてあるので何も書いてない

 

私は昨日を質問攻めにする

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

考え方は無限にあり

 

言葉は自由自在です。

 

 

言葉を知ること

 

表現を知ることというのは

 

思考を広げることだと思ってます。

 

 

それではまた…。

 

 

 

 

 

 

確実にideaを得る方法に関しての格言

 

 

今日は、特に重要だと思った格言を

メモ書き代わりにココに残しておきます。

 

 

《格言1》

 

成功に必要なことをあえて一つ述べるとすれば、それは、「つねに願望や目標について考えることだ」と言うことに尽きると思います。なぜなら、私たちの人生は私たちの「思考」でつくられているからです。

 

 

《格言2》

 

もし私が価値ある発見をしたのであれば、それは才能ではなく忍耐強く注意を払っていたことによるものだ。

 

 

 

 

上記、共に

アイザック・ニュートン の格言です。

 

 f:id:satoru0301:20171016223832j:image

 

他にも

 

 

《格言3》

 

年がら年中、そのことばかりを考えていただけです。

 

 

《格言4》

 

発見する方法は、簡単です。1週間、1ヶ月、1年と、そのことだけを考え続けるのです。そうすると月明かりが指してくるように、問題が見えてくるのです。

 

 

 

 

 

偉大な発見の陰には

 

目標などについて考え続けるという

段階があってこそだったということだったと

いうことですね。

 

 

成し遂げたいことがある場合

 

 

そのことについて考え続けるという行為は

 

私達が想像している以上に

パワフルなものなのだと思います。

 

 

試しに 1ヶ月間

 

〇〇について考え続ける!

 

などのテーマを設けて

それに関してどのくらい自分の中で発見や

ideaが生まれたかを毎日記録していくというのも面白いと思います。

 

 

僕も試してみようと思います。

 

 

ではまた♪

それはただ繰り返される

 

こんばんは♪

 

今日は久しぶりにブログ書いてみます。

 

 

今回はなんとなく人生について

思ってることをゆるく書きます(´・ω・`) 

 

 

 

僕は、

 

人生って、ただ今この瞬間の一秒の

連続だと感じています。

 

 

f:id:satoru0301:20171016224137j:image

 

 

 

 

誰がなんと言おうと

 

どんだけ怒ろうと

 

どんなに悲しもうと

 

 

そんなことはお構い無しに

 

 

時間の流れは進み続けます。

 

 

その一秒の訪れがただ繰り返されます。

 

 

この一秒ってのが

 

 

後ろから吹いてきているのか

 

前から吹いてきているのか

 

右からなのか左からなのか

 

それとも上からなのか下からなのか

 

 

分かりませんし

 

 

その一秒の連続はずっと流れるのではなく

 

私達、生命そのものが

流動体で 流れているのは私達のほうだったり

するのかもしれません。

 

 

何か原因があったから私達は此処にいなきゃいけないのか

 

何か目的を持ってるからその為に私達は此処にいるのか

 

 

いずれにせよ分からないことばかりですね。

 

 

いずれにせよ

普遍的にこの人生は進んでいき

 

この一秒

 

それはただ繰り返されます。

 

 

何も知らないということを

知ったうえで

 

 

分からないことを

分かろうとして試みることは

実はとても素晴らしいことなのでは

ないかなと最近は特に実感しています。

 

 

 

これまでも人類はそうやって

前に進んできたはずです。

 

 

 

このただ繰り返される一秒の連続の中で

私達は分からないことを分かろうとし

 

まずは分からないことの正体を突き止め

それを追求し

 

 

氷山の一角でも分かりはじめれば

残りの未知の部分も

 

より知りたくなるのではないでしょうか

 

僅かでも知ることが出来たときに

 

人は、まだまだ知らないことが

たくさんあったことを知ります。

 

 

その繰り返しで

自分の中で少しずつ答えという名の

世界観を作り上げていきます

 

 

どうせ連続するこの一秒の流れの中で

知らないままにしておくことと

 

知り続けることとでは

 

 

人生の充実度がだいぶ

変わってくるのではないかな〜と。

 

 

 

ということで

 

知らないことを少しずつ知っていき

世界のことを分かり始めると

 

知ることの喜びを強く感じられるように

なるので

 

 

人生が楽しくなって

私達はより幸せになれるのではないかなーと

 

いうお話でした。

 

 

ビバ!

 

そういう風に人生を終えられたら良いなあ

と思っています。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

また書きます。

 

 

今日の月は綺麗でした。

自分のことが好きならもうそれでいい

 

 

こんにちは♪

 

 

風邪ひいてから全然ちゃんとしてない

自分がいて、ブログけっこう

お休みしちゃってました(*´-`)

 

 

 

ただ、そのぶん色んな人に助けてもらったり

甘やかして貰って僕は幸せを感じました。

 

 

より、自分のことが好きになれた気がします。

 

 

なんか

 

 

 

 

世の中にはやらなきゃいけないこと

 

心配事とか

不安で仕方ないこと

イライラすること

 

 

心はいつも動きますけれども

そういうものといつも向き合っていても

なんだか疲れてしまうものです。

 

 

 

謙虚さと、

自分のことを嫌いにならないこと

 

 

この2つを僕はけっこう大事にしていて

 

 

まあまだまだ未熟だったりして

色々な人に助けて貰ってやっと立ってられてる

ようなものですけれど

 

 

どんな状態でも

自分のことを嫌いにならないように

その状況ごと自分を愛そうと決めています。

 

 

 

だから失敗するし

不器用だし

寂しがりやだし

動揺もするんだけど

 

 

まあそれも含めて

そんな自分で全然いいやあって

 

 

許せてるので

すごく楽なんですよね。

 

 

昔は勝ってない自分じゃなきゃ

ダメだなあと思ってました。

 

 

勝ち続けることにこそ

意味がある。と思ってました

 

 

ただ、勝っても勝っても

上がいて、天井知らずの世界にうんざり

してしまったのです。

 

その時くらいから

何か違うんじゃないかなって

自分の中に違和感が出てきて

 

 

【勝とうとすることを辞めてみました】

 

 

そしたらめっちゃ楽になって

自分のことも好きになれました。

 

 

【一体今まで自分は何と戦って

何で苦しんでたんだろう? 】

 

 

と思いました。

敵は自分の心の中にいたように思います。

 

 

どんな自分でも許し

嫌いにならないこと。

 

どんな状況でも謙虚さは忘れず

かつ、自分のことは責めない。

 

意識して見ると少し

ラクに生きれますよ♪

 

 

ではまた!!

風邪をひいていました…学びあり

 

 

2日間風邪をひいておりましたとです。

 

 f:id:satoru0301:20170812135304j:image

 

 

 

 

少し前にTweetしましたが

風邪をひくとやはり思考力が低下しますので

あらかじめ

 

 

・何をやるか

 

・何をやらないのか

 

 

というのをハッキリさせて

おくということの重要性を自分自身で

再認識させられましたね(´・ω・`) !

 

 

 

 人によって違うらしいですが

人間は1日に選択できる回数が

ある程度決まっているらしいので

ジョブズなどが同じ服を何着も持っていたように、選択する回数を減らせるようにする工夫も必要かもしれないですね。

 

 

問題はなぜ、風邪をひいたのかという

ポイントだったりもするんですけど

 

 

喉からの風邪っぽいのて

 

個人的には睡眠不足で免疫力が低下してた

とこに、手洗いはしてましたが

うがいを怠ったかなー?という

感じですね。

 

睡眠不足の日にはうがいまで

入念にやる ということで

 

 

今後改善があるかを見ていきます。

 

 

本日は近況報告でした。

 

また書きます!