自分の中の誰かが言いました。

人生って何だろな〜って日々考えてます。

感情と結果

 

 

 

久しぶりのブログです

 

 

 

最近強く思うことをまた、

徒然と書いていきたいと思います

 

 

僕は今年22歳になるのですが

今年は特に色々な人と出会いがありまして

 

 

その中でも、淡々と上手くいっている人

 

 

なかなか、殻を破れない人

 

 

というのがやっぱりいまして

 

 

殻を破れない人

 

 

 

もしくは

 

 

そもそも殻を破ろうなんて

思ってない人のほうが多いです。

 

 

 

その違いって何なのかなーって

 

 

ふと考えてみたのですけど

 

 

 

 

違いの1つに

 

 

【感情的な行動が多い】

 

 

 

というものがあるなあと思いました。

 

 

感情的な行動に流されて

 

 

その後、起こり得る 【結果】を

あまり考えないようにしてしまうという

ものです。

 

 

f:id:satoru0301:20170804002901j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

半年で-10キロ のダイエットを

目標にしてるAさんがいたとして

 

 

 

食べたい という気持ち

 

 

痩せる という目標

 

 

》食べて得られるもの

欲求に従い食べればお腹が満たされる。

一時的な精神的満足を得られる。

 

 

》食べて失うもの

痩せるという目標が遠のく

お金が減る

 

 

 

つまり

 

 

食べることによって

満腹感と

基本的には内面的な満足感が得られますが

 

 

満腹感はまたどうせ空腹感に変わりますし

内面的な満足感はいずれ、後悔に変わる可能性も高いです。

 

 

逆に 食べることをうまく我慢できた場合

 

お金は節約でき つまり 減らない

一時的な空腹感はあるかもしれませんが

目標に近づけているという充実感が得られます

 

 

そもそも我慢するべきものを

我慢できた時点で自制ができているので

着実に-10キロの道のりを歩めていることが結果的にもわかります。

 

 

 

このように

 

一時的な感情に流されて

合理的に結果を考えず行動することにより

成果をあげづらくなるということが

 

 

殻を破れず、成果をあげられないひとには

多いような気がするのです。

 

 

 

なので、一時的な感情に流されそうになったときはそれをすることによって起こる現実的な結果を考えた上で

 

 

合理的な判断を下すということを毎日

出来れば、着々と成果に向けて進んでいけるのかなと思っております。

 

 

近々また、メルマガもやろうかなと

思っています。

 

 

また書きますね♪

 

ではでは〜!